アスリート支援

株式会社日本保育サービスは
中田有紀選手を応援します!

アスリートとして競技生活の充実を図る中田有紀選手を強力にバックアップするとともに、オリンピック選手とのふれあいを通じて、こどもたちへのスポーツの楽しさ・すばらしさを伝え夢を育みます。

お問い合わせ先:JPホールディングス 社長室広報課 03-6455-8031(代表)

陸上7種競技

中田 有紀選手

1977年(昭和52年)3月10日生 167cm・54kg 出身地/京都府

陸上七種競技の日本記録保持者。
2004年アテネオリンピックでは史上初、七種競技の日本代表として出場。
2010年には日本選手権七種競技で9連覇を達成。
世界陸上は2大会(ヘルシンキ・大阪開催)に出場している。
現役で競技を続けながら、こどもたちに陸上の楽しさを伝えるイベント「キッズアスレチックスフェスティバル」を主催するなど、普及活動に取り組んでいる。
愛知陸上競技協会理事、名古屋市スポーツ推進委員。

7種競技とは

2日間に渡って競技を行い、走・跳・投すべての能力を競い合う。各種目の記録を得点化し、その総合得点で競う競技。競技会は、100mハードル、走り高跳び、砲丸投げ、200m、走り幅跳び、やり投げ、800m の順で行われ、2日間戦うための集中力と精神力、体力、7つの専門的な技術が求められ、オールマイティな能力が必要となる。
欧米では非常に人気が高く、その勝者は「QUEEN OF ATHLETES」と賞賛される。
中田有紀選手 最新情報

NEW

~結果~ 第62回中部実業団対抗陸上競技大会
2018/5/12,13 会場:岐阜メモリアルセンター長良川競技場
第62回中部実業団対抗陸上競技大会
やり投げ 42m15 3位
走り幅跳び 5m34 2位
100mハードル 14秒96 2位
団体総合順位
※74チーム中、男女合計得点の順位
10位

スポーツ選手ふれあい指導事業サッカー教室
2018年1月6日(土)、豊川市赤塚山公園で開催された「スポーツ選手ふれあい指導事業サッカー教室」に、川崎フロンターレの米山篤志コーチと共に講師として参加、豊川サッカー協会に加盟する小学生チーム約200人に、走り方の指導をしました。

~結果~ 第18回中部実業団陸上競技選手権大会
2017/10/14 会場:岐阜県多治見市運動公園星ヶ台競技場
第18回中部実業団陸上競技選手権大会
走り幅跳び 5m43 9位
100mハードル 14秒90(向かい風0.3m) 4位
~結果~ 第65回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
2017/9/23・24 会場:ヤンマースタジアム長居
第65回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
走り幅跳び 5m55(向かい風0.6m) 15位
100mハードル 14秒88(向かい風0.5m) 予選敗退
梅坪小学校児童に陸上のコツを指南
2017年9月1日(金)に、愛知県にある豊田市立梅坪小学校の5年生・6年生、約40名を対象に陸上クリニックを行いました。来月の陸上大会に出場する選抜メンバーが集った今回のクリニックでは、「走り方」「投げ方」「走幅跳のドリル」を指導しました。

↑ PAGE TOP