リトミック

リトミック

音楽活動を通して、友達と一緒に楽しんだり、共感したり、そして時には自ら考えだして表現したり――。

リトミックはこころと
からだを育むプログラムです。

全身の動きによって音楽を「体験」「経験」する中で、集中力、想像力、強調性、創造性などを育むことがこのプログラムの狙い。教室に流れる音を聴いて、感じたことを自由にのびのびと身体で表現していきます。
こどもたちが大人になったときに、「この歌、保育園で歌ったなぁ」と記憶に残るようなプログラムを心がけながら、リトミック指導は音楽大学などで専門知識を学んだ講師が行います。
リトミックとはどんなもの?
スイスの作曲家・音楽教育家であるエミール・ジャック=ダルクローズによって考案された音楽教育のこと。人間の五感に加え、筋肉の感覚を第六感として育てる音楽教育法です。
欧米では早くから注目され、さまざまな分野に取り入れられています。
イメージ
保育士は、こどもたちの考える姿勢をできるだけ尊重しながら、良いところをほめたり、声をかけたりすることで楽しい雰囲気を一緒に作り出していきます。

リトミックによって育む人間力

からだの育成

自分で判断したことを即時に反応する

心の中にあるものを表現できる

音楽に合わせて柔軟に動くことができる

こころの育成

耳を傾け、集中することを覚える

音楽を受け止め、心と身体で感じる

自由に考えたり、発想したり、表現する楽しさを知る

クラス別 リトミックへの取り組み方

対象年齢クラス
ねらい
1歳クラス

手遊び歌を繰り返し体験し、音楽を感じて表現することに親しむ。

・音楽に合わせて身体を揺らしたり、エッグマラカスを鳴らしたりする
・動物模倣など、講師や保育士の真似をしながら楽しむ
2歳クラス

動物や乗り物など、主に身近なイメージ活動を題材とし、想像力を引き出しながら音楽表現を楽しむ。

・ウッドブロックの音に合わせて、キツツキが木をつつく模倣をする
・音楽に合わせて車の模倣をする(上り坂:ゆっくり、下り坂:はやく、デコボコ道:ジャンプ)
3歳クラス

友達と一緒に音やリズムに合わせ、全身で音楽を表現する。

・フレームドラムの音に合わせて、手足を大きく広げたり縮めたりする
・大きな布をお友だちと一緒に持ち、波を表現する
4歳クラス

知的な音楽活動(拍子・音階・フレーズなど)を通して、自ら考えて全身で表現する。

・スカーフを使用し、フレーズに合わせて花を咲かせる
・音階を歌いながら身体を動かす(ドレミファソラシド→身体を伸ばす / ドシラソファミレド→身体を縮める)
5歳クラス

より知的な音楽活動(音符・長調 短調・拍子・音階・フレーズなど)を全身で経験し、理解を深めていく。

・音符カードを使い、様々なリズム打ちをし、足でステップする
・楽しい音楽(長調)と悲しい音楽(短調)を聴き分けて自ら表現する
リトミックプログラムは、グループ会社「株式会社ジェイキャスト」が運営しています
アスリート支援
JPホールディングス
スターライト先生募集
採用情報はこちら
実習先をお探しの方
民間学童クラブ AEL
すくすくぷらす
「どうしてそうなの?」と感じたときに読本
Fresh Smile
ソーシャルメディア公式アカウント

↑ PAGE TOP