アスク小鶴新田保育園

JR仙石線 小鶴新田駅から徒歩1分、通勤に便利な場所にある認可保育園です。クラスの名前は、こどもたちにこうあって欲しいと思いを込めています。0歳児「すこやか組」、1歳児「えがお組」、2歳児「げんき組」、3歳児「ゆうき組」、4歳児「なかよし組」、大きな夢を持ち未来へはばたいてほしい5歳児は「ゆめ組」です。こどもたちの好奇心が芽生える経験をたくさんしています。

発表会の様子

こんにちは。
当園では毎年12月に発表会を行っています。今回はその様子をご紹介いたします。

2歳~5歳児クラスが各クラス単位での発表会を行いました。
また保護者の方には、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策として、開催2週間前からの健康チェックや体温の記入をはじめ、当日は参加は2名まで、クラスごとの入れ替え制、間隔をあけての待機・座席指定など多くのご協力をいただいて開催することが出来ました。

スタートは、2歳児クラスは劇「どうぞのいす」

登場する動物に扮して動物が登場する時の歌をみんなで歌ったり、「どうぞならいただこう!」「(ぜんぶたべてしまっては)あとのひとにおきのどく」というセリフを言ったり、と緊張をしながらも上手に発表していました。

3歳児クラスは合唱・合奏「紅蓮華」(鬼滅の刃)

好きなキャラクターの衣装を着て、みんなで合唱をしました。
日頃から様々な歌を歌ってきたこともあり、今回の「紅蓮華」もとても上手に歌を歌っていました。
そのあと、同じく「紅蓮華」をみんなで合奏をしました。
保育者のピアノに合わせてリズム取りながらピアニカ、すずなど披露し、最後に保育者から名前を紹介してもらうと、コンサートさながらに楽器の音を披露して会場に手を振っていました。

4歳児クラスは、オペレッタ「うらしまたろう」

今回は音楽に合わせてダンスや振付をする”うらしまたろう”を披露しました。
役によっては2~3つの役を掛け持つため、その度に衣装を変えて登場していました。
緊張する気持ちもありましたが、みんなで元気に発表をしていましたよ。
最後の自己紹介では一人ずつ役名と名前を伝えることが出来ました。

最後は5歳児クラスの劇「ブレーメンの音楽隊」

妖精のお話から物語が始まり、動物たち、泥棒たちも一人ひとりが大きな声でセリフを伝えることが出来ました。
絵本では泥棒を追い出して終わりますが、今回は泥棒たちが反省したことで仲直りしみんなで歌って大団円、となりました。

来年はみんなで楽しめる発表会ができるといいですね。

一覧へ戻る

園のトップへ戻る

タブを閉じる

Copyrighted Image