園見学ご希望の方はこちら

わくわく体験!

今回は45歳児クラスの紹介をします。

5歳児はプログラミングカーで遊びました!

 まずは、シートを見てスタートとゴールを決めます。

決まったら、ゴールまでのルートを決めます。

「駅通って行こうよ!」

次は、車に出す命令を考えます。

「まっすぐ行って、次は右に曲がって…」

命令が決まったら、命令のタグを車に読み込ませます!

さぁ、いよいよ、車の出発です!!

考えた通りに進むかな?

ドキドキ…

ゴール!無事にゴールすると、車からお祝いの音が鳴ります!

プログラミングカーの遊びを通して、順序立てて考える力や、言葉で伝えあう力が育っています。

続いて、5歳児の光を使った遊びを紹介します。

夏の間、色や光を使って遊びを楽しむ姿が見られたので、保育者がライトテーブルを作りました。

ライトテーブルの上にストローやコップ、おはじきを乗せると、

普段とは違った見え方がして、子どもたちは「きれい・・・」と思わずうっとり。

色の組み合わせで新しい色ができたり、光を通すものと通さないものがあることに気付いたりして、

思い思いに試して遊んでいます。

最後は、45歳児の感触遊びです!

先日、片栗粉を使って遊びました。

片栗粉と水を混ぜると、だんだんトロトロしてきます。

握ると一瞬、固くなりますが、すぐにトロトロ…と溶けてしまいます。

その変化を不思議そうに楽しんでいます。

「なんで変わるの?」

その後、調理さんが子どもたちの前でおやつを作ってくれました。

この日のメニューはみんな大好きな「ぷるぷるもち」使うのは…なんと片栗粉!!

前は、とろとろしていたのに、火にかけるとネバネバしてきました。

「なんでー?」「どうしてー?」

子どもたちにとっては、固まったり、伸びたり、どろどろになったりと不思議な粉は

最後は、大好きなおやつに変身しました! 片栗粉の不思議さを体験できました。

子どもたちは毎日、園でのわくわくを楽しんでいます!

Copyrighted Image