☆6月☆ 室内イベント紹介

こんにちは。
最近は雨の日や蒸し暑い日が多くなり、室内での活動時間も増えてきました。
今回は、室内で実施したイベントをご紹介いたします。

『ぬりえコンテスト(6月6日~20日)』
今年度初めてのぬりえコンテストでは、たくさんの子が参加してくれました。
6日~10日の応募期間では、6つのお題の中から自分がぬりたいお題を選び、色鉛筆を使って作品を作りました。
低学年の子は、はみ出さないように集中してぬりえに取り組んでいる子やお友達と楽しそうに塗っている姿が見られました。
高学年の子は、用意された12色の色鉛筆をぬり重ねて新しい色を作ったり、ぬる場所ごとに濃さを変えて立体感を出す等、様々な手法を見せている姿も見られました。

13日~17日は投票期間ということで、子どもたちに自分の好きな作品を3つ選んでもらい投票してもらいました。
作品は全部で36作品のエントリーがあり、子ども達は作品をじっくりと眺めて投票に参加していました。
中には職員にこっそり「〇番は私がぬったんだよ!」と教えてくれる姿も見られました。
たくさんの作品の応募があり、掲示場所はとてもカラフルで賑やかでした。

20日は投票結果をもとに決定した上位3位に表彰を行いました。表彰式を楽しみにしていた子も多く、そわそわと発表を心待ちにしている姿が見られました。受賞者の発表の際には、自分の名前が呼ばれるのを手を合わせて祈りながら待っている子もいました。
受賞した子はびっくりしながらもとても嬉しそうに賞状を受け取っていました。
受賞できず残念がっている子も多くいましたが、お友達の名前が呼ばれると「すごい!」と歓声をあげたり、大きな拍手を送っていました。

『ほうかごあそび隊!(6月15日)』
今月の『ほうかごあそび隊!』は子ども達のリクエストの中から「だるまさんがころんだ」を行いました。
普段の遊びの中で行っている「だるまさんがころんだ」に加えて、「王様だるまさんがころんだ」も実施しました。
「王様だるまさんがころんだ」では、鬼役が「だるまさんが〇〇」と言い、言われた動作(ジャンプした、本を読んだ等)をします。
普段は数名で行っている「だるまさんがころんだ」を大人数で行うことができ、とても盛り上がっていました。
子ども達は鬼役になりたい子が多く、鬼役になると嬉しそうにお題を考えている姿が微笑ましかったです。
普段は「だるまさんがころんだ」でよく遊んでいる子達ですが、『ほうかごあそび隊!』の後には「王様だるまさんがころんだ」をして遊んでいる姿がよく見られています。

IMG_3530.JPG
室内での活動時間も増えてきていますが、晴れ間の校庭や体育館等を活用して元気に遊んでいます。ぜひ、遊びにきてくださいね!

一覧へ戻る

園のトップへ戻る

Copyrighted Image