くじらちゃん

こんにちは。アスク向ヶ丘遊園南保育園です。

夕涼み会でこどもたちがお店屋さんをするため、ゲーム作りをしました。
くじら組にちなんで、くじらのゲームです!

まず、ダンボールで出来たくじらを新聞紙で補強。
隙間なく、重ねて貼って丈夫にしていきます。

くじらの周りの海は、子どもたちのアイディアで水色に。
筆を使って絵の具を隅々まで塗りました。

可愛らしい目と潮がついたくじらのゲームが完成!
長い睫のおかげからか、『くじらちゃん』と呼ばれています。

今日はそのゲームを使って、遊び方や役割を確認し合いお店屋さんごっこをしました。

「いらっしゃいませ~って言おう!」
「ありがとうございました~もあるよね!」
と、お店屋さんらしい言葉を思い出していました。

くじらの口の中にボールを入れるゲームですが、くじらの口を開閉するのはこどもたちの仕事。
小さいお友達も楽しめるように難しさを加減してあげなければいけません。
一番楽しい役割なので、どうしても激しく動かしたい気持ちが…。

1ゲーム、ボールは7個。
調整がとても難しいようでしたが、全部入ると歓声が上がっていましたよ!

…………………………………………………
☆この保育園の他の記事はこちらから☆
☆保育園一覧はこちらから☆
…………………………………………………