日本保育サービスのスケール

全国13都道府県
297施設
運営施設数
全国13の都道府県で保育園、学童クラブ、児童館の合計297施設を運営(2021年4月1日現在)。「子育て支援を通じて笑顔溢れる社会づくりに貢献します」――その想いを胸にさらなる発展を目指します。
業界NO.1!
317.19億円
売上高
2020年3月期連結の売上高は317.19億円。安全と安心、そしてこどもたちの笑顔を第一に考え、今後もまい進してまいります。
高い給与水準
401.8万円
平均給与(保育士)
国や自治体の補助を活用しながら、継続的な処遇改善を実施しています。2019年の保育士年収は、全国平均よりも38.3万円多い401.8万円となっており、夢を叶えるための安定した収入を得ることができます。
たくさんの笑顔を育む
20,000人以上
預かり児童数
たくさんの笑顔を育む場所。2020年4月1日時点の預かり児童数は20,000人以上となっています。
助け合える仲間がいる
6,306
従業員数
連結従業員数は6,306人(2020年3月末現在)。女性保育士、男性保育士、幼稚園出身の先生、地方出身の先生……。日々助け合える仲間がたくさん!
全国割合を大幅に上回る
11%
男性保育士割合
弊社で働く保育士のうち、男性保育士が占める割合は11%。これは全国割合を大幅に上回る数字となっています。(厚生労働省『平成30年賃金構造基本統計調査』によると、女性保育士21万6220人・男性保育士1万3400人で男性の割合は5.8%)
子育てとの両立はバッチリ!
93.9%
育休からの復帰率
育休からの復帰率は93.9%(2020年3月末時点)と、高い数字を誇っています。女性の産休・育休はもちろんのこと、男性保育士も育休を取得。子育てとの両立に不安はありません。
完全週休2日制
126
年間休日数
年間休日数は約126日(2019年度実績。土日祝日数分、年末年始休暇、特別休日含む)で完全週休2日制となっており、有給休暇の取得も奨励しています。
充実した研修制度
100種類
研修の種類
階層別研修・自由選択研修と、研修制度が充実。社員も積極的に参加しています。
世界の保育を学べる
300
海外研修参加人数
世界の保育を学ぶために海外研修を実施。これまでに約300名が参加しました。2011年から、フィンランド・スウェーデン・ニュージーランド・ドイツ・オーストラリアなどで開催されています。
地方出身の方も安心
6
大型寮の数
地方出身の方にも安心して働いてもらえるよう、大型寮を用意しています。現在、女子寮が5、男性寮が1の計6寮が各地にあり、住みやすいと好評です。

↑ PAGE TOP