たいそう

たいそう

運動あそびを通して「からだの動き」と「こころの動き」を経験―― 。

動作の基礎を習得し、自らチャレンジする力を育てます。

当社のたいそうは、あそびを中心とした活動に重点を置いています。そのうえで、さまざまな動作を習得できるオリジナルプログラムを作成し、専任講師が細やかな指導を行います。
また、からだの動きだけではなく、「たのしい」「くやしい」「またやりたい」「応援する」などのこころの動きも大切にしています。

たいそうによって育む人間力

からだの動き

鉄棒、ボール、マット、跳び箱、縄などの器具を使用し、発達に応じた運動あそびから、身体を動かす基本的動作を習得します。さらにはそれを多様化することにより、スポーツに必要な複雑な動きをスムーズに行えるように指導していきます。

こころの動き

集団での運動あそびを行う中で、試行(思考)錯誤を繰り返して得た多くの成功体験から、意欲的なこころを育てます。社会性(思いやり、仲間と協力する大切さ、応援する心)も養います。

イメージ
未来を担うこどもたちが生きる力を育めるよう、私たちは日々努めています。

クラス別 たいそうへの取り組み方

対象年齢クラス
ねらい
1歳クラス

見立て遊びを通して、様々な器具に慣れ親しむ。

・短縄をへびに見立て、手の力を使い「ふる」
2歳クラス

先生と一緒に様々なあそびを経験する。

・先生に手伝ってもらいながら、跳び箱の上から「とぶ」
3歳クラス

自分の動きや身体部位を理解し、自己の力を試していく意欲を持つ。

・縄をくもの巣のようにし、縄にぶつからないよう「またぐ」「くぐる」
4歳クラス

自分の体をコントロールする楽しさを知り、運動の基礎的な身のこなしを身に付ける。

・力の加減をしながら、目標物に向かってボールを「なげる」
5歳クラス

様々な動きに関心を持ち、基礎的な経験や技能を身につけ、自主的にあそびに取り組む。

・鉄棒の「まわる」「ぶらさがる」などの好きな技を自ら選択し、自主的にあそぶ
たいそうプログラムは、グループ会社「株式会社ジェイキャスト」が運営しています
アスリート支援

↑ PAGE TOP